FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan > FAOとは > 駐日連絡事務所
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所は、1997年10月、横浜市みなとみらいに設立されました。

日本政府等との調整を通じて、アジアやアフリカなどの開発途上国で食料増産や農村開発プロジェクトへの支援を促す働きかけを行うのと同時に、FAOの活動及び世界の食料事情に関するセミナーや講演会を実施したり、日本語ホームページやメールニュースを通じて、FAO関連情報や専門データを提供しています。

また(公社)国際農林業協働協会(JAICAF)との共同編集により季刊誌を発行しています。

概要

正式名称

国際連合食糧農業機関 駐日連絡事務所
Food and Agriculture Organization of the United Nations, Liaison Office in Japan

設立

1997年10月

所在地

横浜市みなとみらい

代表

ンブリ・チャールズ・ボリコ Mbuli Charles Boliko

スタッフ

5名

業務時間

平日 09:30 ~ 17:30