FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan > イベント > 2018年 > ●3/12 中区3R夢推進大会(ご報告)
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

中区3R夢推進大会の講座に登壇(ご報告)

FAOの活動について説明をするチャールズ・ボリコ。

3月12日、横浜市開港記念会館の講堂にて中区3R夢推進大会が開催されました。3R夢推進大会は横浜市中区で環境美化や保全、地域の清掃等の活動に取り組まれている方々に感謝状を贈呈する式典で、第2部の「3R夢講座」に駐日連絡事務所長チャールズ・ボリコが登壇しました。

「食料ロスと廃棄~環境に及ぼす影響~」との題でお話をしたボリコは、世界の食料事情や、食料安全保障を脅かす要因についてご説明した上で、日本国内でも社会問題となっている食料のロスや廃棄について特に環境面に焦点を当ててお話をしました。

当日の様子は、横浜市のウェブサイトからもご覧いただけます。

 

 

3Rとは、リデュース(Reduce: ごみそのものを減らす)、リユース(Reuse: 何回も繰り返し使う)、リサイクル(Recycle: 分別して再び資源として利用する)を表しています。

(参考:横浜市資源循環局ウェブサイト