FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan > イベント > 2018年 > ●3/21 東京都もったいないフェスタに出展(ご報告)
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

●3/21 東京都食品ロスもったいないフェスタに出展(ご報告)

3月21日に東京国際フォーラムで開催された東京都食品ロスもったいないフェスタにFAO駐日連絡事務所がブース出展しました。もったいないフェスタは、本来まだ食べられるのに捨てられている「食品ロス」の削減に向けて、その現状と、企業や団体の取り組みについて都民の方々に知っていただけるよう東京都が主催しました。

オープニングセレモニーの挨拶で小池百合子知事は、日本の年間食品廃棄量に触れ、余ったものは別のものに作り変えるなど、少し気を配るだけで食品ロスを防ぐことができますと話しました。また、”もったいない精神”という日本の美徳を、このフェスタで新しい知識なども取り入れて、みんなで努力することが日本の食品ロスを減らすことにつながりますと述べました。

続いて、来賓代表としてご挨拶したFAO駐日連絡事務所長のチャールズ・ボリコは、世界規模での食料ロス・廃棄の状況について言及し、食べ物を捨てて終わりではなく、食料生産に費やした水、土地、肥料、エネルギー、労力すべてが無駄になってしまう上、温室効果ガスを発生させるなど環境にも悪影響を与えていますなどとお話しました。

食品ロス削減に取り組む民間企業や団体、省庁、区がそれぞれブースにて活動や取り組みを説明、FAO駐日連絡事務所も食料ロス・廃棄に関するパネル展示や、農林水産業に関連した報告書・パンフレットを配布しました。

雨模様の中、大勢の方々にブースにお立ち寄りいただきました。「食品ロス」削減に精力的に取り組まれている公明党の竹谷とし子参院議員、栗林のり子東京都議会議員、野上純子東京都議会議員にもお立ち寄りいただき、ボリコより食料ロス・廃棄と温室効果ガスの関連についてご説明しました。

当日の様子は、「知事の部屋」からもご覧いただけます。