FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan > イベント > 2017年 > ●8/24 夏休み地球市民講座(報告)
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

夏休み!地球市民講座

【報告】

8月24日、YOKE(横浜市国際交流協会)が毎年主催する「夏休み!地球市民講座」にてFAO駐日連絡事務所長のチャールズ・ボリコがFAOの活動及び世界の食料・農業の現状について、また国連FAOでのキャリアについて講義をしました。

3日間にわたり開催された市民講座の初日のテーマは食料問題で、午前は国連食糧農業機関駐日連絡事務所(FAO)が、午後は国連世界食糧計画日本事務所(WFP)がそれぞれお話をしました。

 

ボリコの講義には、高校生・大学生26名と社会人7名の計33名が参加。ボリコの経験をもとにした話に参加者の関心も高く、質疑応答ではキャリア形成についての質問が多く投げかけられました。講義後、学生はFAO駐日連絡事務所を訪問、ボリコと記念撮影を行いました。 

 

 

国際機関が取り組む「食料・地球環境・都市問題」といった地球規模の課題と、YOKEが取り組む「多文化共生のまちづくり」を知ってもらい、自分たちにできる国際協力、多文化共生は何かを考えるきっかけとしてもらう講座をYOKEが8月24日~26日に実施します。

FAO駐日連絡事務所からは、所長のボリコが参加し、以下日程で「FAOの食料・農業問題への取り組み」について講演します。
国際機関の活動に関心のある方、これから国際協力の分野で勉強や仕事をしようと考えている方、青少年教育にあたられている教職員の方々、ぜひご参加下さい。

 

 

8月24日(木) テーマ:食料問題
①10:00~12:00 FAOの食料・農業問題への取組について/FAO 国連食糧農業機関駐日連絡事務所
②13:00~15:00 世界の飢餓と国連WFPの食糧支援活動/国連WFP日本事務所

8月25日(金) テーマ:地球環境・都市問題
③10:00~12:00 ITTOの熱帯木材保護への取組について/ITTO国際熱帯木材機関
④13:00~15:00 アジア太平洋地域の都市問題とシティネット横浜プロジェクトオフィスの活動について/シティネット横浜プロジェクトオフィス

8月26日(土) テーマ:多文化共生・言語教育
⑤10:00~11:00 YOKEの多文化共生のまちづくりとグローバル人材育成について/公益財団法人 横浜市国際交流協会
⑥11:00~12:00 ドイツ語とドイツ文化の普及と交流 推進について/ゲーテ・インスティテュート 東京ドイツ文化センター横浜校
⑦15:00~17:00 「国際機関で働きたい人のためのキャリア・ガイダンス」/協力:外務省国際機関人事センター

場所: (公財)横浜市国際交流協会(YOKE)  地図
対象: 高校生以上、30歳以下の方及び教職員の方
内容:
①~⑥ 国際機関の事務所訪問、各機関職員による活動紹介セミナーとキャリア懇談会
⑦ 外務省国際機関人事センター職員による国際機関で働 きたいと考えている人への具体的な情報提供やアドバイス    

定員: ①~⑥ 30名/各回、⑦ 70名 (先着順)
参加費: 500円/1日 ※参加プログラム数に関係なく一律料金です
申込み: 7月11日(火)9:00~電話またはE-mailにて
<連絡事項>①氏名 ②年齢 ③参加希望プログラム番号 ④連絡先電話番号 ⑤質問事項(あれば)

後援: 横浜市国際局、 横浜市教育委員会
問合せ: YOKE地球市民プログラム担当
電話番号 045-222-1174 E-mail chikyu★yoke.or.jp(メール送信時に★を@にしてください)