FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan > イベント > キャンペーン
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

FAOは、FAOの理念と活動に賛同していただける様々な団体と、パートナーとして活動を行っています。

FAO駐日連絡事務所もまた、日本政府を始め、農林水産業団体、民間企業、NGO/NPO、学生の方々などと協働し、国民の皆様のご理解をいただきながら、広報活動、募金活動、プロジェクト実施やモニタリングを行っています。

 

 

"空腹のまま眠りにつく人がいないようにするためには、民間セクターとの協働が重要なのです。"

パートナーシップ

FAOは私たちが生きている今の時代に、飢餓と栄養不足を撲滅することができると確信しています。ゼロ・ハンガー・チャレンジ(飢餓ゼロへの挑戦)の達成には政治的意思と関係機関および関係者との連携が必要不可欠です。パートナーシップは、飢餓のない世界への合意を形成するFAOのミッションの中心にあります。政府、市民社会組織、民間セクター、学術・研究機関との協働、またそれぞれが持つ知見や経験などを相互に活用することにより、食料不安が解消され、飢餓の撲滅につながるものと考えます。