FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan > ニュース
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan
シリア危機の影響で、国内の多くの女性が世帯主となり、唯一の稼ぎ手として家族を養わ
アフガニスタンのバーミヤン県で4日、ヤカラン地区のナイタック、ラクウル両灌漑の起
  アフリカ農業・アグリビジネス振興による若年層雇用の加速化に向けた旗艦イニシア
横浜/ローマ FAO事務局長 「アフリカにおける貧困層の行動に焦点を当てた革新的なア
ローマ―ジャック・ディウフ元事務局長が17日、死去しました。81歳でした。国連食糧農業機関(FAO)は、ディウフ氏のご家族に哀悼の意を表明します。 ディウフ氏は1994年1月に事務局長に就任。2011年12月に退任するまで、
新事務局長「さらに躍動的で包括的な、透明性ある国連機関に向けて」   ローマ― FAO事務局長に就任した屈冬玉は就任日の1日、飢餓ゼロ実現に向けた世界的な取り組みや、より持続可能な農業の普及などを柱とする優先
日本政府とイエメン農業・灌漑省、国連食糧農業機関(FAO)は共同で、内戦下にあるイエメンの農家に種子を届けています。これらの種子は、最も脆弱な家庭がこの農期に有利なスタートを切れるよう手助けします。 日本
フリータウン―シエラレオネ政府と国連食糧農業機関(FAO)は6月27日、「2009年FAO違法漁業防止寄港国措置協定」(PSMA)と「食料安全保障と貧困撲滅の文脈における持続可能な小規模漁業を保障するための任意自発的ガイ
アクラ―国際連合食糧農業機関(FAO)は日本政府の支援を受け、鉱物採掘により劣化したカカオ農地の再生に向けてガーナを支援する事業を開始しました。 違法な小規模採掘(ガーナでは”Galamsey”と呼ばれる)は、カカ
« Previous 1 2 3 4 5 ... 156