FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan
このパートナーシップは、世界の森林やマングローブ、泥炭地を監視するためのFAO地理空
バンコク- 2019年12月11日に国連4機関によって発表された新しい報告書は、アジア・太平
ローマ - 国連食糧農業機関(FAO)は2019年12月2日、国連の国際植物防疫年(IYPH)2020 を立
 数多くの鳥、魚、植物が生息する、持続可能な灌漑のモデル ローマ ー バレンシアの「
2018年3月、国連食糧農業機関(FAO)シリア事務所は、リモートセンシングという高度な情報通信技術を活用した最初の小麦・大麦生産評価を発表しました。 この評価は、シリア国内のリモートセンシング機関(GORS)によっ
ローマ –  FAO事務局長の 屈冬玉は、11月7日にローマFAO本部で開催された第31回モントリオール議定書締約国会合のハイレベル・セグメントで発言し、世界で年間13億トンにも上る食料廃棄・ロスの課題に対処するためには、
ナイロビーアフリカの食料安全保障の強化と海上保安の促進を支援するため、国連食糧農業機関(FAO)は、440万米ドル(4億7 500万円)規模のブルー成長イニシアチブに関する共同事業への協定を日本政府と締結しました。
ローマ―国連食糧農業機関(FAO)が10月14日に発行した新しい報告書は、サプライチェーンの様々な段階において、どれだけの食料が、どこで、なぜ無駄にされたかを明らかにすると同時に、効果的な削減のための意思決定
シリア危機の影響で、国内の多くの女性が世帯主となり、唯一の稼ぎ手として家族を養わざるを得ない状況に置かれています。農村部での雇用機会は限られており、農村に暮らす女性が生計を向上させる方法の一つが、単独
« Previous 1 2 3 4 5 ... 158