FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan
モンロビア―国連食糧農業機関(FAO)とリベリア政府は2021年3月5日、駐リベリア日本国特
ローマ/東京 ― 農林水産省(MAFF)国際問題担当大澤誠農林水産審議官は、本日オンライ
ローマ- 世界の漁業・養殖業はCOVID-19によって大打撃を受けており、ロックダウンがセク
2021年年2月1日、カブール– 日本は本日、アフガニスタン・イスラム共和国における人道
共同プレスリリース(FAO, UNICEF, WHO, WFP)※以下の日本語訳は当事務所で独自に訳したものです。 バンコク-国連4機関によって本日発表された報告書は、世界最多の人口を有するアジア・太平洋地域で、新型コロナウイルス
ローマ=本日、国連食糧農業機関(FAO)は、2020年を通じて実施されてきたサバクトビバッタ防除への集中的な取り組みにもかかわらず、サバクトビバッタの新たな世代の成虫の群れが、「アフリカの角」地域とイエメンの
ローマー国連食糧農業機関(FAO)の屈冬玉事務局長は15日、国際果実野菜年2021(IYFV)開始イベントでの立ち上げに際し、イノベーションと技術を通じた、健康的で持続可能な食料生産の向上、そして、食料ロス・廃棄の削
ローマ―30億人を超える人々が、高レベルから非常に高レベルの水不足の農業地域に住んでおり、そのほぼ半数が厳しい制約に直面しています。さらに、1人あたりの利用可能な淡水は過去20年間に世界全体で20%以上減少し
ローマ―国連食糧農業機関(FAO)が11月12日に発表した報告書によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの間、世界の食料貿易のレジリエンスは著しく高く、さらに開発途上国では輸出収入が増加してい
« 1 2 3 4 5 ... 166