FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

 

2016年の「国際マメ年」の成功を受けて、2月10日を「世界マメの日」とすることが、2018年12月の国連総会で定められました。FAOは、この国際デーの担当機関として、他機関と連携し、啓発活動を行っています。

 

マメ類(pulses)は、

  • 経済的に入手で栄養ある食べ物として、あらゆるレベルでの食料安全保障に貢献します。
  • 肥料の最適化と土壌の健全性を向上させることができます。
  • 農業生物多様性と気候変動に対するレジリエンスを高めます。
  • 生態系の回復と生態系サービスの向上を助けます。
  • 特に持続可能な開発目標(SDGs)の2、3、12、13に貢献します。

関連リンク
World Pulses Day (FAO)

2020年2月7日開催 「世界マメの日」レセプション2020 ~マメとSDGs ~(ご報告)