FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

ミツバチなどの花粉媒介者(pollinator)の重要性や、花粉媒介者が直面している課題、そして持続可能な発展への貢献への意識を高めるため、5月20日を「世界ミツバチの日World Bee Day」とすることが、2017年、FAO総会により承認後、国連総会にて採択されました。FAOは他の関連機関との連携のもと、この国際デーを祝う取り組みを推進しています。

何世紀にもわたり、ミツバチ(bee)は地球上で最も熱心に働く生物の一つとして、人々、植物、そして環境に便益をもたらしてきました。 花粉をある花から別の花へ運ぶことにより、ミツバチや他の花粉媒介者は、果実、ナッツ、種子の豊かな生産を助けるだけでなく、その多様性と品質の向上を可能にし、食料安全保障と栄養改善に貢献しています。

ミツバチ、鳥、コウモリなどの花粉媒介者は、世界の農作物生産の35%に影響を及ぼし、世界の主要な87の食用作物に加え、多くの植物由来の医薬品の増産に貢献しています。 私たちの食べる果実や種子として栽培される作物の75%が、ミツバチ(bee)の働きの恩恵を受けています。

Bee (Anthophila) は、厳密にはミツバチ上科ハナバチ群にあたり、ミツバチ科のみならずヒメハナバチ科、コハナバチ科、ハキリバチ科なども含みますが、国際デーの広報・普及のため、より親しみやすい和訳としてFAOでは「世界ミツバチの日」としています。

2020年のテーマは "Bee Engaged"

特に今年は、生計の維持とと良質な生産物の提供のために養蜂家が実践している好事例に焦点を当てます。

オンラインイベント(2020年5月20日)

Bee engaged!

関連リンク

World Bee Day (FAO)

Stories on Bees (FAO) 

Bee-inspired poems (FAO YouTube)