FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan > リソース > 持続可能な開発目標(SDGs)
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)とは?

ミレニアム開発目標の後継にあたり、世界のリーダーは2015年9月の国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択しました。この中には、17の目標が掲げられており、各国は今後15年間、"誰も置き去りにしない"(No one will be left behind)ことを確保しながら、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処するための取り組みを進めることになります。

FAOとSDGsについて

食料と農業は、目標1の「貧困をなくす」や目標2の「飢餓をなくす」といった17の目標の中心に位置しているといえます。また、食料安全保障とそれに関連する天然資源や農村開発は、すべての目標を特徴づけています。

 

 

ゼロ・ハンガーについて

 ”飢餓をなくす”(ゼロ・ハンガー)を達成するために重要なこととは?

FAO、WFP(国連世界食糧計画)、およびIFAD(国際農業開発基金)は2015年、社会保護と農業の重要性について出版物を発行しました。

 

詳しくはこちら