FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

2016年世界食料デー「気候変動 食料・農業も適応を」

気候変動は食料安全保障に大きな影響を及ぼしています。慢性的な栄養不足に苦しむ8億の人々の多くは、温暖化や自然災害により最も深刻な打撃を被る小規模農家や漁業従事者、牧畜家です。こうした災害は気候変動により深刻化しており、頻度や強度も高まっています。レジリエンスの構築に向け、ともに一致した行動を取らなければ、世界の最貧・最弱者層の多くは、食べていくだけの十分な食料や収入を得るのさえ難しくなるでしょう。


2016年世界食料デー「気候変動 食糧・農業も適応を」

パンフレットのダウンロードはこちら