「コメは命」
  国際コメ年とは

国連総会

第 57 回 
第 168 議題
2004 年国際コメ年について

提案国

バングラデシュ、ブルネイダルサラーム国、ブルキナファソ、カンボジア、キューバ、キプロス、朝鮮民主主義人民共和国、エクアドル、フィジー、ガボン、グレナダ、ガイアナ、インド、インドネシア、日本、カザフスタン、クウェート、キルギスタン、ラオス人民民主共和国、マダガスカル、マリ、マレーシア、マーシャル諸島、モーリタニア、ミャンマー、ナウル、ネパール、ニカラグア、ニジェール、ナイジェリア、パプアニューギニア、パキスタン、ペルー、フィリピン、セントビンセント及びグレナディーン諸島、シンガポール、スリランカ、スーダン、タジキスタン、タイ、トーゴ、ベトナム及びザンビア

国際コメ年

国連総会は、
国際連合食糧農業機関総会決議 2/2001 を想起し、
コメが世界の半数以上の人々の主食であることを認識し、
貧困及び栄養不足の軽減におけるコメの役割について、一般の認識を高める必要性を確認し、
ミレニアム宣言の目標を含む国際的に合意された目標の達成において、食料安全保障の確保と貧困撲滅にコメが果たす役割に関して、世界の注意を喚起していく必要性を再確認し、 1/

1. 2004 年を国際コメ年として宣言することを決定し、
2. 国際連合食糧農業機関が各国政府、国際連合開発計画、国際農業研究協議グループ及び国連のその他の関連組織並びに非政府組織と協力して、国際コメ年の実施を促進するよう要請する。


注1  2002 年 12 月 16 日 採択