FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan

世界食料デー記念シンポジウム「日本のオイシイを守る コロナ時代の食料安保リスク」

= English follows. =

10月29日(木曜日)、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所が外務省(主催)と共催で、オンラインで公開シンポジウム「日本のオイシイを守る コロナ時代の食料安保リスク」を開催いたします。

毎年10月16日は、世界の食料問題を考える日として国連が制定した「世界食料デー」です。
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うフードサプライチェーンの混乱や食料供給の不安定化は、世界の食料安全保障への新たな大きなリスクです。また、日本は、多くの食料を輸入に頼っており、私たちの食料を安定的に確保してくためには、生産・流通・消費形態への変革や、より持続可能なフードサプライチェーンの構築などが必要です。
今回のシンポジウムでは、世界と日本の食料安全保障を、より強靭かつ持続可能なものとする方策を、FAOの専門家や、農業・食料に携わる多様な方々と共に幅広く議論し、世界と日本の食料安全保障についての理解を深めたいと考えます。
参加費は無料です。参加ご希望の方は、下記のとおり、10月26日(月曜日)までにお申し込みください。

日時: 2020年10月29日(木曜日)15時30分~17時00分

開催形態: オンライン

主催:外務省

共催:国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

プログラム:

開会挨拶

  • 鷲尾 英一郎 外務副大臣

基調メッセージ

  • ジェミー・モリソン(FAO食料システム・食料安全部長)
  • 高橋 大就(オイシックス・ラ・大地株式会社執行役員(Oisix香港・上海代表)/(一社)「東の食の会」事務局代表)

パネルディスカッション・質疑応答

  • ジェミー・モリソン(FAO食料システム・食料安全部長)
  • 高橋 大就(オイシックス・ラ・大地株式会社執行役員(Oisix香港・上海代表)/(一社)「東の食の会」事務局代表)
  • 大津 愛梨(O2Farm/NPO法人田舎のヒロインズ理事長)
  • 森崎 友紀(料理研究家・管理栄養士 株式会社UNITY MAGENTA代表取締役)
  • 久納 寛子(農林水産省大臣官房政策課 食料安全保障室長)

モデレータ

  • 菊地 信之(外務省経済局政策課 資源安全保障室長)

 

参加費: 無料

参加申込: 電子メールに、氏名・所属をご記入の上、[email protected]宛にお申し込みください。当日までにオンライン会議システムへの招待メールを送付いたします。
(注)アクセス数に限りがあるため、お申し込み多数となった場合、抽選とさせていただきます。 

申込期限:10月29日(木曜日)


お問合せ先: 外務省経済局資源安全保障室(担当:小川、石垣、小林) TEL:03-5501-8339

外務省ウェブサイト: https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/es/page23_003188.html

Symposium in commemoration of the World Food Day “Protecting Japan’s Oishii – Food security risks in the COVID-19 era”

The Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Liaison Office in Japan will organize an online symposium “Protecting Japan’s Oishii – Food security risks in the COVID-19 era” with the Ministry of Foreign Affairs (MOFA) of Japan on Thursday, 29 October 2020.

16 October is the World Food Day which was established by the United Nations to think about food issues in the world.

The expansion of COVID-19 has brought about disruptions of food supply chains and destabilization of food distributions, causing new and great risks to the food security in the world. In Japan, where we depend on food imports to a large extent, it is indispensable to transform production, distribution and consumption systems and develop food supply chains that are more sustainable to ensure a stable provision of food we eat.  

In this symposium, measures to make the food security more resilient and sustainable in Japan and in the world will be discussed with an expert from FAO and various stakeholders who are engaged in food and agriculture, so that we will deepen our understanding on food security in Japan and in the world.

The participation is free of charge. Please register by Monday, 26 October 2020.

Date:  Thursday, 29 October 2020 at 15:30 – 17:00 (JST/GMT+9)

Mode of participation: Online

Organizer: Ministry of Foreign Affairs of Japan

Co-organizer: Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Liaison Office in Japan

Programme:

Opening remarks by Mr. WASHIO Eiichiro, State Minister for Foreign Affairs

keynote speeches by 

  • Mr Jamie Morrison, Director, Food Systems and Food Safety Division, FAO
  • Mr Daiju Takahashi, Executive officer, Oisix ra daichi Inc.

Panel discussion and Q&A session

  • Mr Jamie Morrison, Director, Food Systems and Food Safety Division, FAO
  • Mr Daiju Takahashi, Executive officer, Oisix ra daichi Inc.
  • Ms Eri Otsu, O2Farm/Director, Heroines for Environment and Rural Support (HERS)
  • Ms Yuki Morisaki, Culinary Researcher
  • Ms KUNO Hiroko, Director, Food Security Office, Policy Planning Division, Minister's Secretariat, Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
  • Mr KIKUCHI Nobuyuki, Director, Resource Security Division, Economic Affairs Bureau, MOFA

Participation fee: free

How to register: Please send your name and affiliation by E-mail to: [email protected]. An invitation message will be sent to you by the date of the event. The registration will be closed on Thursday, 29 October 2020.

Contacts: Resource Security Division, Economic Affairs Bureau, Ministry of Foreign Affairs, Japan