国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

ダニエル・グスタフソン国連食糧農業機関(FAO)事務局次長による公開講演会および国際機関への就職に関するジョブセミナー(ご報告)

「飢餓をゼロに:世界の食料安全保障、栄養の改善、持続可能な農業の達成に向けて」

当事務所は1月22日(水)、公開イベント「ダニエル・グスタフソン国連食糧農業機関(FAO)事務局次長による講演会および国際機関への就職に関するジョブセミナー」を東京農工大学(府中キャンパス)にて、同大学との共催で開催しました。日本人学生や留学生、市民社会、民間企業、日本政府、報道機関の方々など、200名以上の皆様にご参加いただきました。

イベント第一部では、訪日中のダニエル・グスタフソンFAO事務局次長による講演会、第二部ではFAOをはじめとする国際機関でのキャリアについてのジョブセミナーを行いました。

講演会の冒頭には、大野弘幸 東京農工大学長、髙林宏樹 外務省経済局経済安全保障課長、郷達也 農林水産省国際部国際機構グループ参事官より、開会のご挨拶をいただきました。

 

グスタフソンFAO事務局次長による講演「飢餓をゼロに:世界の食料安全保障、栄養の改善、持続可能な農業の達成に向けて」では、世界の飢餓の現状と栄養に関する課題が示され、持続可能な農業には最新の技術や日本の経験、人材の活用が不可欠であることが強調されました。また、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて国連の事務総長が今後10年間の行動の加速を呼び掛けていることに触れ、FAOとしてフードシステムに取り組むことの重要性について述べました。

参加者からは、FAOへの就職志願者には何を期待するか等の質問が寄せられ、FAO事務局次長からは専門的知識に加え、多国籍な環境で働き、世界各国のさまざまな課題に取り組むためのコミュニケーションスキルを有し、さらに多様性に対して理解があり、物事を異なる視点で見ることのできる人との回答がありました。

続いて東京農工大学の山田祐彰教授より、FAOと農工大によるガーナにおけるアグロフォレストリー共同プロジェクトのご紹介がありました。

 

第二部のジョブセミナーでは、始めにチャールズ・ボリコ当事務所長より、FAOへの就職やインターンシップ、ボランティア制度の紹介、応募の際の必須要件などの説明がありました。また、優秀な留学生や日本の若者こそ、将来FAOで活躍してほしいと期待を寄せました。

続く「農工大インターンシップ経験生によるトーク」では、東京農工大学とFAOの連携プログラムによりFAO本部でのインターンシップを経た宮嵜絢子氏とモハンマド・マルダニコラニ氏から、FAOインターンとしての経験や学びについてお話しいただきました。

また、「国際機関に就職するには」と題して、外務省国際機関人事センター課長補佐 稲岡宏子氏より国際機関の職員になるための主な方法や制度についての説明がありました。

 

質疑応答では参加者から、FAOのポストに応募してみたがうまくいかなったというコメントを受けて、FAO駐日連絡事務所長のボリコより、何十回と応募してようやく職員になる同僚もいる、諦めずに引き続き挑戦しましょうとの叱咤激励が送られました。

イベントの最後には、千葉一裕 東京農工大学農学研究院長より閉会挨拶をいただきました。

 

世界の飢餓の現状、栄養や持続可能な農業に関する課題や、FAOの連携の取り組みについて皆様に知っていただき、共に理解を深める機会となりました。

 

 

 

 イベント案内

==English follows Japanese.== 

2020年1月のダニエル・グスタフソンFAO事務局次長の訪日に合わせ、当事務所は東京農工大学との共催で公開イベントを、1月22日水曜日に東京農工大学・府中キャンパスにて開催いたします。

FAOは、国連が定める持続可能な開発目標(SDGs)の実施機関として国際的な重責を負い、とくに、2020年は国際植物防疫年(International Year of Plant Health:IYPH)を標榜し、世界の食料・農業に関わる課題に果敢に挑戦しています。本イベントでは、FAOが世界規模で取り組み、また、東京農工大学もFAOとの共同プロジェクト等を通じて携わっている、飢餓撲滅や栄養の改善、持続可能な農業について現状を理解し、課題と展望を語り合います。

さらに、食料、環境、エネルギー、生命科学などFAOと関連の深い分野を重点研究領域の一部とする東京農工大学では、リーディング大学院などからFAOのインターンシップへ大学院生を派遣しています。このような背景から、FAOでのインターンを経験した東京農工大学の学生も登壇し、FAOおよび国際機関での就職やインターンシップについて知るジョブセミナーもあわせて開催します。

全セッションを通じて同時通訳もありますので、お気軽に、奮ってご参加ください。

 

■日時 2020年1月22日(水)18:00~19:45

※受付開始17:30 ※事前登録制

■会場 東京農工大学 府中キャンパス 農学部講堂(東京都府中市幸町3-5-8)

■プログラム ※日英同時通訳有り

【第一部:講演会】

18:00 開会挨拶 大野弘幸 東京農工大学長

      高林宏樹 外務省経済局経済安全保障課長 

      郷達也 農林水産省国際部国際機構グループ参事官

18:10 講演「飢餓をゼロに:世界の食料安全保障、栄養の改善、持続可能な農業の達成に向けて」
      ダニエル・グスタフソン FAO事務局次長

18:30 質疑応答

18:45 FAOと農工大によるガーナにおけるアグロフォレストリー共同プロジェクト紹介
      山田祐彰 東京農工大学教授

 【第二部:ジョブセミナー】

18:55 「FAOへの就職、インターンシップ、ボランティア」
      チャールズ・ボリコ FAO駐日連絡事務所長 

    「農工大インターンシップ経験生によるトーク」
      宮嵜絢子、モハンマド・マルダニコラニ 
      東京農工大学BASE学府食料エネルギーシステム科学専攻五年一貫制博士課程

    「国際機関に就職するには」
      中野美智子 外務省国際機関人事センター課長補佐

19:25 質疑応答

19:40 閉会挨拶 千葉一裕 東京農工大学農学研究院長 

■参加費 無料

■事前登録 
下記のフォームから登録してください。
https://forms.gle/E2bkVtUvgx2ymoHg7

※登録締切:2020年1月21日(月)正午

※出席者各自で登録してください。

※定員280名

※1月17日午後以降、運営側から参加確認メールを送信しますので、必ずご確認ください。

共催:国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所/東京農工大学

協賛:東京農工大学農学研究院

協力:外務省、農林水産省

東京農工大学のイベントページは以下から
https://www.tuat.ac.jp/event/general/20200122_01.html

 

■問合せ先 
国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所 Tel.: 045-222-1101  E-mail: [email protected]

東京農工大学イノベーション推進機構 Tel.: 042-367-5637 E-mail: [email protected]

 

Public event at the Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT):
Lecture by Mr Daniel Gustafson, FAO Deputy Director-General for Programmes, and Job Seminar on Careers at International Organizations

“Ending hunger: Achieving food security, improved nutrition
and sustainable agriculture in the world” 

The Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Liaison Office in Japan and the Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) will hold a public event on 22 January 2020 on the occasion of the official visit of Mr Daniel Gustafson, FAO Deputy Director-General for Programmes, to Japan.

FAO is one of the leading agencies to monitor the achievement of Sustainable Development Goals (SDGs) with the mandate of achieving global food security and zero hunger. During this event, FAO’s global initiatives to eradicate hunger and malnutrition and promote nutrition and sustainable agriculture will be introduced and discussed. A joint agroforestry project implemented in Ghana by FAO in collaboration with TUAT will also be introduced to illustrate the effective partnership between the two parties.

TUAT has focus research areas such as food, environment, energies and life science, and, as the first Japanese university that signed a Memorandum of Agreement (MoU) with FAO, has been sending graduate students to work as interns at FAO during the past years. Based on the experience gained, a Job Seminar will also be organized as part of the programme to introduce FAO’s internship and volunteer opportunities as well as recruitment at FAO and other international organizations.

■Date and time: Wednesday, 22 January 2020, at 18:00 - 19:45 (doors open at 17:30)

■Venue: Auditorium of Faculty of Agriculture, Fuchu Campus, TUAT

■Participation: Free (maximum: 280 people)

■Registration: Please register from the following link by 17 January 2020 (at 12:00)*: https://forms.gle/E2bkVtUvgx2ymoHg7
*A confirmation email will be sent by TUAT after the noon of 21 January.

■Organizers: FAO Liaison Office in Japan / Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT)

■Support: Institute of Agriculture, TUAT

■Cooperation: Ministry of Foreign Affairs (MOFA), Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries (MAFF)

■Language: English/Japanese (simultaneous interpretation)

■Programme:

Part I: Lecture

18:00 – 18:10 Opening remarks
                             Hiroyuki Ohno, President, TUAT
                             Hiroki Takabayashi, Director, Economic Security Division, Economic Affairs Bureau, MOFA
                             Tatsuya Go, Director, International Organizations Division, International Affairs Department, MAFF

18:10 – 18:30 Keynote lecture by Daniel Gustafson, FAO Deputy Director-General Programmes
                             “Ending hunger: Achieving food security, improved nutrition and sustainable agriculture in the world”

18:30 – 18:45 Questions and answers

18:45 – 18:55 Presentation: “Introduction of an FAO/TUAT agroforestry project in Ghana”
                             by Masaaki Yamada, Professor, TUAT

Part II: Job seminar

18:55 – 19:25 Presentations:
                          “Career at FAO and Internship and Volunteer opportunities”
                              by Charles Boliko, Director, FAO Liaison Office in Japan

                           “Talks by students who experienced internship at FAO”:
                              Ayako Miyazaki and Mohammad Mardanikorani, Ph.D. candidates, Department of Food and Energy
                              Systems Science, Graduate School of Bio-Applications and Systems Engineering, TUAT

                            “How to get employed at international organizations”
                              by Michiko Nakano, Recruitment Center for International Organizations, MOFA

19:25-19:40 Questions and answers

19:40           Closing remarks by Kazuhiro Chiba, Dean, Institute of Agriculture, TUAT

MC: Tomoko Hongo, Associate Professor, Organization for the Advancement of Education and Global Learning, TUAT

■Contact:
FAO Liaison Office in Japan   Tel.: 045-222-1101 E-mail: [email protected]

Innovation Advancement Organization, TUAT   Tel.: 042-367-5637 E-mail: [email protected]