国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

1/29 第35回FAOアジア・太平洋州地域総会に向けたインフォーマルコンサルテーション(ご報告)

 = English texts to follow =

国連食糧農業機関(FAO)は、2020年2月17日から20日にかけて、第35回FAOアジア・太平洋地域総会(APRC)をブータンで開催します。

FAOは今年、初めての試みとして、この地域総会に向けた国レベルでのインフォーマルコンサルテーションを各国で実施しています。FAO駐日連絡事務所は、先日2020年1月29(水)に横浜にてこのインフォーマルコンサルテーションを実施し、農林水産省、外務省、関係自治体、市民社会の皆様にご参加いただきました。

このコンサルテーションでは、地域総会の概要や、同総会で話し合われる地域の優先事項や重点分野に関するFAOの取り組みなどについて、FAOアジア・太平洋地域事務所からの紹介があり、また、ご参加いただいた参加者からは、これらの活動分野について貴重なご意見をいただきました。

食料安全保障や栄養、農業、持続可能なフードシステムや自然資源管理などの課題やこれらの分野におけるFAOの活動に関して、有意義な意見交換がなされ、国内のFAO主要パートナーとの対話を促進する機会となりました。

 

35th Session of the FAO Regional Conference for Asia and the Pacific 
Informal Consultation in Japan

The Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) is organizing the 35th Session of the Regional Conference for Asia and the Pacific (APRC) in Bhutan, on 17-20 February 2020. This year, for the first time, FAO has been holding country-level consultations with key partners from the government and non-state actors prior to the APRC 35. On 29 January 2020, FAO Liaison Office in Japan organized an informal consultation in Yokohama, Japan, in collaboration with the FAO Regional Office for Asia and the Pacific, inviting the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, the Ministry of Foreign Affairs, a relevant municipality and a Civil Society Organization.

In this consultation, FAO’s work on the specific regional priorities and areas of technical focus that will be discussed at APRC 35 were introduced, and valuable feedback and comments on these topics were collected from the participants.

The consultation successfully promoted an effective dialogue between FAO and stakeholders in Japan, through a vibrant exchange of ideas, opinions and perspectives on various topics such as food security, nutrition, agriculture, sustainable food systems, and natural resource management.