国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

(ご報告)7/16「世界の食料安全保障と栄養の現状:2020年報告」発行記念イベント

 

   = English follows=

 7月16日、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所は、国連児童基金(UNICEF)東京事務所、国連世界食糧計画(WFP)日本事務所、世界保健機関(WHO)健康開発総合研究センターとの共催で、「世界の食料安全保障および栄養状態(SOFI):2020年報告」発行記念イベントをオンラインで実施しました。

当日は、公的機関、民間セクター、市民社会組織、国際機関、大学・研究機関やメディアの方々、学生の皆さまを含め、日本各地、そして海外から延べ300名の視聴者にご参加いただきました。

冒頭の開会挨拶でFAO三次啓都 事務局長補佐は、本報告書が焦点を当てるフードシステムについて、飢餓とあらゆる栄養不良の克服を含む持続可能な開発目標(SDGs)達成への取り組みにおいて、また新型コロナウイルス感染症(COVID-19)へのレジリエンス構築の側面からも、その変革が重要であることを強調し、この分野でのFAOの役割について述べました。

続いて、鈴木馨祐外務副大臣(FAO議員連盟 事務局長)から来賓挨拶のご挨拶をいただきました。世界の食料安全保障を達成するために、量よりも栄養の質に着目し、脆弱な人々に寄り添った対応を、FAO含め関係諸機関と共に支援し、日本政府としても全力で努力していきたい旨が述べられました。また、東京栄養サミットの来年12月への延期決定を伝え、同じく来年に開催が予定されている国連フードシステムサミットとの相乗効果を図っていきたいと期待を寄せました。

次に、FAOチーフエコノミストのマキシモ・トレロとFAO農業開発経済部副部長 マルコ・サンチェスにより、「世界の食料安全保障と栄養の現状: 2020年報告」の解説がなされました。まず今年の報告書の特徴として、調査結果の基となる情報の質の向上、2030年までのSDG2関連指標の見通しの提示、新型コロナウイルス感染症の食料安全保障への影響に関する初期評価の提供、経済的に入手可能な健康的な食事のコストについての調査がなされていることが紹介されました。

世界の飢餓人口は増加中であり、SDG2(飢餓をゼロに)のいくつかの指標は、2030年までの達成への道筋を逸れてしまっている現状が報告されました。また、健康的な食事はただエネルギー必要量を満たすだけの食事の平均5倍ものコストがかかることが明らかにされ、世界の食料安全保障と栄養の向上には、これらの健康的な食事が皆にとって経済的に入手可能となるよう、早急な行動が必要であるとのメッセージが伝えられました。

続いて共同発行機関からのコメントがありました。UNICEF東京事務所の木村泰政代表は子ども特有の栄養不良の実態や課題に触れ、貧困にある人々にも質の良い食料が行き渡るようなフードシステムの整備が欠かせないと強調しました。

WFP日本事務所の焼家直絵代表からは、急性の食料不安をかかえる人々が新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、この状況がさらに悪化する恐れがあることが伝えられました。

WHO健康開発総合研究センターのサラ・バーバー所長は、新型コロナウイルス感染症パンデミックが、世界の飢餓の厳しい現状をさらに悪化させている中で、感染症への対応措置自体が、食料貿易の流れを滞らせることのないよう、またフードサプライチェーンの混乱やそれによる食料不足を招かないよう、国際社会で共に取り組む必要性を強調しました。

質疑応答では、飢餓と栄養不足、また健康的な食事の定義や、世界での食料の分配の課題などについて、数多くのご質問をいただきました。時間が限られている中、全てのご質問にお答えすることはできませんでしたが、視聴者の活発な参加がありました。

FAO駐日連絡事務所長 チャールズ・ボリコの閉会挨拶では、このイベントは一人ひとりの考えや行動を変えるきっかけとなる機会であり、そのような変化は、世界の栄養不良の克服につながるだけでなく、SDGsの達成や私たちの人類の未来に不可欠であると呼びかけました。

イベント案内ページ
7/16「世界の食料安全保障と栄養の現状:2020年報告」発行記念イベント

報告書「世界の食料安全保障および栄養状態(SOFI):2020年報告」(英語)
Latest issue: SOFI 2020

日本語プレスリリースは以下から
飢餓と栄養不良の増加傾向続く 2030年までの飢餓ゼロ達成危ぶまれる 国連の報告書(2020年7月13日)

Event report: Launch of the State of Food Security and Nutrition in the World 2020 (Virtual event in Japanese and English)

On 16 July 2020, the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) Liaison Office in Japan, jointly with the United Nations Children's Fund (UNICEF) Tokyo Office, the World Food Programme (WFP) Japan Relations Office and the World Health Organization (WHO) Kobe Centre for Health Development, organized a virtual event “Launch of the State of Food Security and Nutrition in the World 2020.” The event was held in two languages, Japanese and English, and was attended by 300 people in total, from the public and private sectors, the civil society, international organizations, universities and research institutions, the media, from various parts of Japan and overseas.

At the event, Hiroto Mitsugi, Assistant Director-General of FAO, in his opening remarks stressed the importance of transforming food systems, the focus of the SOFI report, in achieving the Sustainable Development Goals (SDGs) including the eradication of hunger and all forms of malnutrition, as well as in building resilience against the COVID-19, and highlighted the roles that FAO plays in this area.

Mr SUZUKI Keisuke, State Minister for Foreign Affairs of Japan and Secretary-General, FAO Parliamentarian Friendship League, stated that the Government of Japan would like to work together with FAO and other stakeholders to support the vulnerable population focusing not only on the quantity of food but also on the quality of nutrition, in achieving food security in the world. He also informed the audience that the Tokyo Nutrition for Growth (N4G) Summit would be postponed to December 2021, and expressed his hope for the synergies between the N4G and the UN Food Systems Summits in 2021.

The SOFI report was presented by Máximo Torero, Chief Economist, and Marco Sanchez, Deputy-Director, Agricultural Development Economics Division (ESA), of FAO. The four new aspects that this edition of the report brings are: the improved quality of information used in the report; the projections of food insecurity indicators in 2030; the preliminary assessment of the COVID-19’s impact on food security; and the findings on the cost of affordable healthy diets, as noted by Máximo Torero.

The number of people suffering from hunger in the world is still rising, and the world is off track to achieve Zero Hunger (SDG2) by 2030. It is also revealed that a healthy diet on average costs five times more than that which only meets the dietary energy needs. In concluding the presentation, Marco Sanchez shared the message in the report, “Urgent action is needed to support a shift that makes healthy diets affordable to all.”

The presentation was followed by comments by co-publishing UN agencies. Yasumasa Kimura, Director of the UNICEF Tokyo Office, introduced the state and challenges of malnutrition specific to children, and emphasized the need to improve food systems which allow the poor population to have access to quality food.

Naoe Yakiya, Director of the WFP Japan Relations Office, shared the current situation of the acute food insecurity which could be further deteriorated by the COVID-19 pandemic.

Sarah Louise Barber, Director of the WHO Kobe Centre for Health Development, stressed that, while the effects of the COVID-19 pandemic is exacerbating the already alarming situation of hunger, we need to ensure that any trade-related measures in response to the COVID-19 won’t disrupt food supply chains or cause any food shortages, and to work in solidarity by recognizing our common goals.

In the Q&A session, there were many questions raised by attendees, such as definitions of hunger-related concepts and of a healthy diet, as well as the issue of distributing food in the world, among others.

Charles Boliko, Director of the FAO Liaison Office in Japan, in his closing remarks, articulated that this event was an opportunity for everyone to change mindsets and behaviors, and that such a change was necessary for the realization of the SDGs and the future of mankind.

 

Event Details:
Launch of the State of Food Security and Nutrition in the World 2020 (Virtual event in Japanese and English) 

Report:
SOFI 2020