国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

鳥インフルエンザ関連データ

1.国ごと、年ごとの鶏やアヒル等の飼養羽数、と鳥羽数や肉生産量を調べたい

FAOSTAT(FAO農林水産統計データベース)で調べることが出来ます。アクセスはこちら

 

データは、一度に25行まで無料でダウンロード出来ます。一括データを入手したい場合は、“FAO Statistical Yearbook”CD-ROMをお使い下さい。CD-ROMは、FAO協会(現JAICAF)発行の「2006年版 世界食料農業白書(2005年報告) 」(編集:FAO、翻訳・発行:FAO協会、定価:\4,200)についています。お近くの書店でお求め下さい。

 

FAOSTATは、FAOローマ本部で作成、運営および管理を行っております。恐れ入りますが、FAO日本事務所では、和訳作成や回線不都合等の対応は致しかねますので、予めご了承下いただきますようお願いします。 

 

2.GLiPHA(家畜生産・家畜衛生に関する地図化システム)で、様々な地域や時期での家きんに関する地図や図表を調べたい

GLiPHA(家畜生産・家畜衛生に関する地図化システム(英文))で、調べることが可能です。

GLiPHAは、FAOローマ本部で作成、運営および管理を行っております。恐れ入りますが、FAO駐日連絡事務所では、和訳作成や回線不都合等の対応は致しかねますので、予めご了承下いただきますようお願いします。

■出典について

注釈を記載しているものをのぞき、写真、図表、数値などはすべてFAO駐日連絡事務所によるものです(一部、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所のホームページを参考とさせていただきました)。

なお、本Q&Aページの作成過程で、森山浩光氏(獣医師、技術士)から鳥インフルエンザに関する資料および貴重な助言・示唆をいただきました。ここに厚く御礼申し上げます。