国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

FAOのCOVID-19対応・回復プログラム

世界のフードシステムが脅威にさらされる中、世界的な食料緊急事態を防ぐため、FAOはパートナー機関に協力を呼びかけています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19パンデミックは、人々の健康を危険にさらし、生計の基盤となっているフードシステムを破壊しています。私たちが直ちに行動を起こさなければ、過去半世紀で最も深刻で大規模な食料の世界的緊急事態に直面する可能性があります。

FAOは、パンデミック下とその後の両方の状況において、全ての人々に栄養ある食料を確保するための迅速で調和のとれたグローバルな対応に向け、13億米ドルの初期投資への支援を要請しています。

当機関のCOVID-19対応・回復プログラムを通して、ドナーはFAOの動員力、リアルタイムのデータ、早期警告システム、技術専門性を活用し、最も必要とされる場所とタイミングでの支援を実施することが可能となります。共に、私たちは世界で最も脆弱な人々を保護し、さらなる危機を防ぎ、ショックへのレジリエンスを高め、そしてフードシステムの再構築と持続可能な変革を加速させることができます。


脅威

新型コロナウイルス感染症パンデミック以前でさえ、飢餓は増加し続けていました。

2019年には、世界のほぼ10人に1人の割合である7億5 000万人近くが、深刻なレベルの食料不安にさらされていました。「世界の食料安全保障と栄養の現状:2020年報告」の初期予測では、パンデミックによる2020年内で飢餓人口の増加が13 200万人に上る可能性があることが示唆されています。

感染拡大を防ぐ方策は、世界のフードサプライチェーンを混乱させています。国境制限やロックダウンは収穫を遅らせ、生計手段を破壊し、食料輸送を妨げています。農家は生鮮食品の廃棄をせざるをえないため、食料ロスは増加し、一方で都市部の人々は、新鮮で栄養のある食料へのアクセスが困難となっています。

同時に、FAOと世界銀行の推定によると、パンデミックの経済的影響により、7100万人から1億人、あるいはそれ以上の人々が極度の貧困に陥ると推定されています。先進国と開発途上国いずれも、失業率の急上昇、所得の損失、食費の上昇が、食料へのアクセスを危うくしています。小規模農家とその家族、全セクターにまたがる食料関係労働者、そして商品・観光に依存する経済は特に脆弱な状況にあります。

同様に対策に急を要するのは、紛争や自然災害、気候変動、病害虫など既存の危機と相まって起こる複合的なパンデミックの脅威です。それらは、すでに私たちのフードシステムを逼迫させ、世界中の食料不安の引き金を引いているのです。

©FAO/ FAO

解決策

FAOは、包括的で総合的なCOVID-19対応・回復プログラムを策定し、これを通してパンデミックの社会経済的影響に積極的かつ持続的に取り組みます。「変革のために構築する」という国連のアプローチに沿って、また持続可能な開発目標(SDGs)達成を目指しつつ、直に受けるパンデミックの影響の軽減と、フードシステムと生計の長期的なレジリエンス強化を目指します。

広範囲にわたる分析と各地域・国事務所との継続的な協議、および資金支援パートナーとの二国間協議を経て、FAOは最も脆弱な人々に迅速かつ継続的な支援を確保し、一方で二次的影響を予測するために必要となる、7つの主要な行動領域を特定しました

FAOのCOVID-19対応・回復プログラムは、以下の7つの主要な優先分野に及んでいます。

FAOとのパートーシップの方法

国連の専門機関として、FAOはパートナー機関に対し、組織価値の実証、影響拡大、そして開発と人道上の目標達成への機会を提供します。

FAOのCOVID-19対応・回復プログラムは、組織の動員力を活用し、各機関に合わせたパートナーシップや、ドナーと支援を最も必要とする国とのマッチメイキングなどを併せ持つ柔軟な多国間アプローチを通して、国際的な取り組みを主導します。

加盟国、他の政府機関、民間セクター、市民社会組織、学術機関、協同組合による、新たな連携を含む幅広いパートナーシップを受け付けています。

新型コロナウイルス感染症パンデミックに対応し、世界の飢餓に終止符を打ち、全ての人のより良い未来を創造するために、私たちと共に取り組むことへのご関心のある全ての機関・政府のご協力を、今お願いしています。

お問い合わせは、[email protected] まで。

ぜひ、私たちと共に、変革の担い手になってください。

FAO本部ウェブサイト
FAO COVID-19 Response and Recovery Programme

関連資料
FAOのCOVID-19 対応・回復プログラム

関連記事
FAOの新たなCOVID-19対応・回復プログラム 7つの重点分野を示す(2020年7月14日)

関連ウェブキャスト
FAO's online Global Dialogue: Joint action on COVID-19. (2020年7月14日)