国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

国際年とは?

 

国連総会では世界規模で取り組む必要のある重要なテーマを選び、国際年(International Year)を定めています。国際年を通じて人々が社会の発展や人権の保障などさまざまな問題について考え、行動を起こすきっかけとなるよう啓発や対策を呼び掛けるのがねらいです。

2019年12月の国連総会では、2021年を「国際果実野菜年(International Year of Fruits and Vegetables:IYFV2021)」とすることなどが採択されました。

農業や食料に関連する過去の国際年

同様に、国連ではさらに長い期間をかけて取り組むべきテーマについて国際の10年(International Decade)を設けています。2019-2028年は「家族農業の10年」として家族農業の役割を再評価し、どのような支援が必要か考えようと呼び掛けています。