FAO.org

Home > FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan
FAO駐日連絡事務所 Liaison Office in Japan
2017年最初の国際予測では、生産作物を転換する生産者もいながらも穀物の良好な収穫高
  最新の食料危機に関する世界的な報告書は、大惨事回避に必要な基準を提示した。 ブ
緊急の食料不安の水準にある人々は9か月間で20%増加 サヌア/アンマン - 国連と人道支援
2016年の記録的な収穫後、小麦生産は下がる、と最新予想 ローマ –2月のFAO食料価格指数

世界では、2014~2016年現在、およそ7億9500万人の人々が栄養不足に苦しんでいます。これは、9人に1人の割合です。1990~1992年と比較すると2億1600万人減少するなど前進が見られる一方で、中央アフリカや西アジアといった一部の開発途上地域では、政情不安により、栄養不足の改善が妨げられています。