国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

飢餓と栄養不良の増加傾向続く 2030年までの飢餓ゼロ達成危ぶまれる 国連の報告書

穀物を収穫する農家。(タジキスタン)写真: ©FAO/Nozim Kalandarov
13/07/2020

健康的な食事の入手が経済的に困難である何十億人もの人々にこれらの食事を確保することは、何兆ドルもの経費削減につながる

ローマ―国連による年次調査において、飢餓人口が増加していることが明らかとなりました。 過去5年間で、新たに数千万人が慢性的な栄養不足の状態となり、世界各国であらゆる形態の栄養不良が課題となっています。

本日発表された「世界の食料安全保障と栄養の現状」最新版では、2019年に約6億9 000万人が飢餓に陥ったと推定されています。2018年からは1 000万人、過去5年では6 000万人近くの増加となりました。高いコストと経済的入手可能性の低さにより、何十億もの人々が健康的または栄養のある食事を摂ることができない状況にあります。飢餓人口は数ではアジアで最多である一方、アフリカで最も急速に拡大しています。 地球全体では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックにより2020年末までに、さらに1億3 000万人以上の人々が慢性的な飢餓に陥いる可能性があると報告書は予測しています。(パンデミックの状況下で、急性の飢餓が拡大し、この数値をさらに急増させる可能性があります。)

「世界の食料安全保障と栄養の現状」は、飢餓と栄養不良の撲滅に向けた進捗状況を追跡する最も権威ある世界的な研究調査です。 本報告書は、国連食糧農業機関(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)、国連児童基金(UNICEF)、国連世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)により、共同で作成されています。

報告書の序文で5つの機関の責任者は、「世界が飢餓、食料不安、あらゆる形態の栄養不良を終わらせるという目標を掲げてから5年経った今日、私たちは未だ2030年までに目標を達成する方向には向かっていません」と警告しています(注1)。

飢餓の数値の説明

この2020年版報告では、中国と他の人口の多い国々の決定的なデータの更新により、世界の飢餓人口の推定値が現在の6億9 000万人にまで大幅に削減されました(注2)。それにもかかわらず、これまでの傾向に変化はありません。 2000年からの一連の飢餓人口を改訂すると、同じ結論が導き出されます。慢性的な飢餓は、数十年間で着実に減少した後、2014年に増加に転じ、その後も引き続き緩やかな増加傾向を示しています。

アジアは依然として栄養不足人口が最大(3億8 100万人)の地域です。2番目はアフリカ地域(2億5 000万人)、続いてラテンアメリカ・カリブ海地域(4 800万人)です。 世界の栄養不足蔓延率―あるいは飢餓人口の割合―は、8.9%とほとんど変化していませんが、絶対数は2014年以降増加しています。つまり、過去5年間、飢餓は世界人口の増加に合わせて増えています。

この数値には、大きな地域格差が隠されています。飢餓人口の割合を見ると、人口の19.1%が栄養不足に陥っているアフリカ地域が最も深刻な地域であり、この状況はさらに悪化しています。この数値は、アジア地域(8.3%)とラテンアメリカ・カリブ海地域(7.4%)の蔓延率の倍以上です。 現在の傾向が続けば、2030年までに世界で慢性的飢餓に陥る人口の半分以上が、アフリカに居住している状況になります。

パンデミックの犠牲者

飢餓との闘いの進展が失速する中、新型コロナウイルス感染症パンデミックは、世界のフードシステム(食料の生産、流通、消費に影響を与えるすべての活動と過程)の脆弱性を高め、さらにその不備を悪化させています。ロックダウンやその他の封じ込め対策の影響を完全に評価するのは時期尚早ですが、新型コロナウイルス感染症により引き起こされた景気後退の結果として、2020年内に最低でも8 300万人、場合によっては1億3 200万人が新たに飢餓状態になる可能性があると推定しています(注3)。 この後退は、持続可能な開発目標2(飢餓をゼロに)の達成を一層危うくしています。

不健康な食事、食料不安、栄養不良

飢餓とあらゆる形態の栄養不良(低栄養、微量栄養素欠乏症、過体重、肥満を含む)を克服することは、生存のための十分な食料を確保するだけでは十分でありません。人々の食べるもの―そしてとくに子どもたちの食べるもの―は、栄養があることも必要なのです。しかし重要な課題は、栄養価の高い食品は高くつき、多くの家庭にとっては健康的な食事は手頃な価格ではないことです。

この報告書は、健康的な食事には、国際的な貧困の基準である1日あたり1.90米ドルをはるかに超える費用がかかるということを実証しています。最も安価で健康的な食事の価格でさえ、胃をデンプンだけで満たす食事の費用の5倍にもなります。栄養価の高い乳製品、果実、野菜、タンパク質豊富な食品(植物および動物由来)は、世界で最も高価な食品郡です。

最新の推定では、30億人以上という驚異的な数に達する人々が、健康的な食事をする余裕がありません。サハラ以南アフリカと南アジアでは、人口の57%がこれに当てはまります。しかし北米とヨーロッパを含むどの地域も、この状況を免れることはできません。この結果、栄養不良を終わらせるための闘いは、より厳しい状況になっているとも見受けられます。報告書によると、2019年には5歳未満の子どもの4分の1から3分の1(1億9 100万人)が発育阻害または消耗症―つまり低身長あるいは低体重の状態―となっています。 さらに5歳未満児の3 800万人は肥満でした。 一方、成人の間では、肥満自体が世界的なパンデミックとなっています。

行動喚起

報告書は、持続可能性の観点が考慮されると、健康的な食事への世界的な切り替えは、莫大な経費節約となり、しかも飢餓への逆行を食い止めることに役立つと論じています。このような転換により、2030年には年間1.3兆米ドルと推定されている不健康な食事の健康コストを、ほぼ完全に相殺できると算出されています。 一方、年間1.7兆米ドルと推定される食事からの温室効果ガス排出の社会的コストは、最大で4分の3削減できる可能性があります(注4)。

この報告書は、栄養価の高い食品のコストを軽減し、健康的な食事の経済的入手可能性を高めるために、フードシステムの変革を促しています。 具体的な解決策は国によって、また国内でも異なりますが、フードサプライチェーン全体、食料環境、そして貿易や公共支出、投資政策を形作る政治経済の場への介入にその答えはあります。

この研究調査は、農業分野の取り組みにおいて栄養を主流化することを以下のように政府に促しています。

・非効率性と食料ロス・廃棄削減を含め、食料生産、保管、輸送、流通、マーケティングにおけるコスト増の要因の削減に努める

・地元の小規模生産者がより栄養価の高い食料を生産・販売し、市場へのアクセスを確保するのを支援する

・子どもの栄養を最優先分野とする

・教育と啓発・広報を通じて行動変容を促す

・栄養を国家の社会的保護制度と投資戦略に組み込む

 

本報告書「世界の食料安全保障と栄養の現状」を作成した5つの国連機関の代表は、この重大な変化を支持し、それが「持続可能な方法で、人々と地球のために」進展するよう尽力することを宣言します。

 

原文(英語)は以下から
As more go hungry and malnutrition persists, achieving Zero Hunger by 2030 in doubt, UN report warns

報告書はこちらから

 

(注1) FAO:屈冬玉事務局長、IFAD: ジルベール・F・ウングボ総裁、UNICEF:ヘンリエッタ・H・フォア事務局長、WFP:デイビッド・ビーズリー事務局長、WHO:テドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長

(注2) バングラデシュ、中国、コロンビア、エクアドル、エチオピア、メキシコ、モンゴル、モザンビーク、ナイジェリア、パキスタン、ペルー、スーダン、タイの13か国―総人口25億人―に対して、国内の食料消費の不平等を測定する主要尺度の更新が行われました。 特に中国の人口規模は、一国で世界の数値に最大の影響を与えています。

(注3) この範囲は、世界のGDPが4.9〜10%減少するという最新の予測に対応しています。

(注4)この報告書では、不健康な食事の「隠れたコスト」を分析し、4つの代替的な食事(フレキシタリアン、ペスカタリアン、ベジタリアン、ビーガン)に関するオプションをモデル化しています。 また、一部の貧しい国の炭素排出量を、栄養目標を達成するためにいったん増加させる必要がある可能性も認めています。 (より豊かな国にはその反対が当てはまります。)